無店舗型性風俗特殊営業(デリヘル)の開業について



現在、デリヘルの開業をお考えの方は、業界の状況についてしっかり調査し、営業・マーケティングについても独自の経験や計画をお持ちの方が多いと思われます。

しかしながら、問題の一つが、予定通り許可が下りるかどうか

申請を出して、通常であれば10日後には許可が下り、営業を開始することができます。しかしながら、書類に不備があったりした場合は、もっと時間がかかることになります。

しかも、許可するかどうかは、警察署の裁量によるところもあります。

申請を出す前に、事務所の賃貸契約を済ませ、デリヘルの事務所に使用することを所有者から承諾を得るなどの手続きも必要ですし、当然、電話やネットの手続きもあります。

当然、女の子や運転手などの従業員の募集も始めなくては、いざ開業というときになっても何もできないことになってしまいます。

当たり前のことですが、宣伝をしないと問い合わせがきませんので、ホームページの作成業者とはもっと前から何度も打ち合わせを行い、許可が下りたらすぐにホームページをオープンできるような手はずを整えておきます。

他にも雑誌や新聞などの広告業者とも事前にすり合わせをしています。

つまり、許可が下りるのを今か今かと待ちわびている人たちが大勢いて、許可が下りたと同時に一斉に周りが動き始めますので、開業日がずれるというのは、経営者のみならず、関係者全員にとっても大変な損害です。


こんな悩みのご相談は

以下のような悩みをお持ちの方は、是非当事務所にご相談下さい。

  • 早く開業したい
  • 開業手続きが分からない
  • 手続きが面倒そう
  • 警察へ行くのが不安
  • 開業後の法的なアドバイスが欲しい

開業届出に要する費用

警察署の手続きに要する費用費用並びに当事務所への支払報酬(個人の場合)は、以下の通りです。

項目内容金額(消費税込み)
1手数料警察署に支払う申請手数料3,400円
2当事務所報酬・届出書の作成及びご相談
・代理申請
・確認書の代理取得
・開業後の法的アドバイス
108,000円
合 計111,400円

※当業務に依頼された場合のご相談や打ち合わせに要した費用並びに交通費(東京23区内)は上記報酬に含まれております。

また、当事務所では、設立後のアフターフォローと致しまして、事業運営に必要な誓約書等の各種書類の提供や入手先などのご紹介、並びに本件に関係する法的なアドバイスも行っております。