定款認証までの基本的な手続の流れ

以下は、当事務所における、会社設立及び許認可申請等に関するお問合せを頂いてから業務が完了するまでの基本的な手続の流れです。

(1)お問合せ:電話・メール・FAXによる当事務所へのお問合せやご相談

(2)お問合せの概要確認と面談の日程の調整:メール、FAXでのお問合せの場合、当事務所より折り返しご連絡いたします。尚、電話でのお問合せ時、面談の日程調整を同時に行いますので、本ステップは省略することがございます。

(3)面談:基本的に依頼主ご指定場所にて行います。

(4)直接またはFAX、メールによる報酬のお見積書提示:お見積書の内容、金額、支払い方法などをご確認いただき、当事務所へ依頼するかどうか決定して頂きます。※報酬及び法定手数料は、交通費などの経費を除き全て前払いとなりますので、予めご了承下さい。

(5)業務内容、報酬、支払い方法などご納得頂いた場合、ご契約:契約書に記名・押印またはご署名いただくと同時に本人確認のために免許証などの証明書の提示ならびに写しを頂きます。尚、証明書の提供は法律で義務付けられております。

(6)業務着手:契約当日、具体的な作業日程や定款作成に必要な基本的な事項の確認作業を行います。

(7)定款ドラフトの作成:当事務所にて定款のドラフトを作成いたしますので、商号、目的の確認、加筆修正、ご意見などを頂き、ドラフトを完成させます。また、同時に発起人全員の印鑑証明書を頂きます。

(8)定款付委任状への押印:当事務所が依頼者の代理として、公証人の事前チェックを受け、最終版を作成致します。その定款と委任状を一緒にとじた書類(「定款付委任状」といいます)に発起人全員の実印を頂きます。

(9)定款認証:当事務所が依頼者の代理として、オンラインで定款認証の申請を行い、その後、公証役場にて原本作成(CD-R)、定款謄本の取得を行います。

(10)定款認証終了の通知及び依頼者への受渡し:定款認証が完了しましたら、原本及び謄本の発起人へお渡しします。同時に今後の作業について詳細をご説明して、定款作成までの作業は完了します。